フォト

« 萌木の村 ともにこの森 清里ジャム | トップページ | 不思議な建物発見 不動 ほうとう »

雲見温泉露天風呂 混浴を楽しむ

伊豆で混浴露天風呂を楽しみたい方必見。

お子さんや同伴な方からヒーローな眼差しで見られたい方にもオススメな

手軽に楽しめる冒険系な混浴温泉の紹介です。場所は、西伊豆。。

第1弾のヒリゾ浜、第2段の平六地蔵露天風呂に続いて、

紹介するは、西伊豆にある雲見温泉露天風呂。。

(無謀にも同じ日に訪問)

まずは、準備として、一般な方は水着を用意。

履いて出かけてもいいし、現地で着替えも可能。

もっとも温泉好きな方は、裸ですよね。

両手をフリーにするため、タオル・飲み物等は

リュックサックにいれたい。

めざすは、

Dscn04141_2

ここ雲見温泉露天風呂である。

額に縁どられた風景をリアルに体感する。

Dscn04261

看板に導かれ、まずは雲見温泉へ。

雲見海水浴場駐車場に車を止める。

(シーズン中は1,000円の駐車料金)

路駐は禁止だよお。

準備を済ませ、再び道路まで戻る。

雲見くじら館(観光案内所併設)の前がスタート地点だよお。

上記、画像の手前方向(沼津方面)へ向かって歩く。

画像クリックで大きくなるよ。。

Dscn03991

道中振り返ると、雲見海岸及び駐車場が見えるよ。

Dscn04011_2

Dscn04021

5~7分で、入口付近に到着する。

Dscn04251

看板の誘導に従い、下る。

Dscn04041_2

綺麗な海のお出迎えであります。

Dscn04221_2

さらに進むと、小屋が見えてきます。

この建物は、赤井浜源泉ポンプ室です。

さらにさらに奥へ進むと、

Dscn04071

廃墟状態な建物が登場します。

中へ入ってみると、

Dscn04081

外観同様コンクリートがそのままな状態。

スノコに導かれ開口より覗くと、

一番最初に載せた画像状態となり、目的地到着となります。

着替え等は、この建物内で行えます。

では、ゆっくりまったり雲見温泉露天風呂を堪能ください。

Dscn04101

海と一体化できる露天風呂。大迫力な開放感であります。

しょっぱさを伴った温泉で、

源泉温度も低めなため期間に限りがあります。

混浴露天風呂となっていまが、抵抗のある方は、水着着用してください。

海水浴シーズンは水着で、そのままドバーンと入られる方が多いかも。

浴場も綺麗に管理されていました。

期間中に行かないと、管理されていなく清掃されていませんので、

ヌメリとのご対面となります。

Dscn04191

露天風呂の前方より海を覗くと、こんな状況が待ち構えます。

手軽に探検気分を味わえ、海と温泉を無料で楽しめる。

まさにオススメな混浴温泉であります。

~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます。

    ↓次回更新への励みの源。。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~

« 萌木の村 ともにこの森 清里ジャム | トップページ | 不思議な建物発見 不動 ほうとう »

休日温泉静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲見温泉露天風呂 混浴を楽しむ:

« 萌木の村 ともにこの森 清里ジャム | トップページ | 不思議な建物発見 不動 ほうとう »

2023年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ