フォト

« 野天湯へGO! | トップページ | 寸又峡温泉 紅葉とハイキングと温泉(2) »

寸又峡温泉 紅葉とハイキングと温泉(1)

紅葉という文字が踊りだし、ちょっとその波に乗りたいとソワソワ。

また、登山温泉への憧れから、初歩の練習としてハイキングがしたいと

考えていて、温泉を含めそれらの要素を叶えてくれるところに行くことにしました。

そこは、静岡県の秘湯の一つ、寸又峡温泉です。

寸又峡温泉の紅葉レポートを兼ねていますので、日時を明確に。

2012年10月20日(土)訪問。

午前中外せない仕事を処理してからの出発となりました。

まずは、改めて寸又峡温泉の位置の確認です。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

新東名島田金谷ICより約60キロ、1時間20分程。

大井川鐡道SLの終着駅千頭駅より約15キロ、20分程。

アクセスは他にもありますが、島田ルートが一番心が折れない

と思います。千頭駅までは難所はありませんが、それ以降は、

所々に狭い道が控えています。長嶋ダムの建設にあたり、昔に

比べたら道路環境が良くなっていると言われていますが、運転に

ある程度の自信がある方に任せた方がここは、無難かと思います。

今回は、狭い道で車が詰まり4~5台が集団となって進んで行き

後方だったため、常に道が開けている状態で現地到着となりました。

Su1

開湯50周年なんですね。

温泉史的には比較的新しい温泉地となるのでしょうか。

ここ寸又峡温泉には、3つのハイキングコースがあります。

①寸又峡プロムナードコース約90分。

 一番人気なコースで夢吊り橋・飛龍橋・尾崎坂展望台をめぐる

②グリーンシャワーロード約60分。猿並橋をめぐる。

外森山ハイキングコース約50分。名のとおりの外森山をめぐる。

本格的な登山の方は、前黒法師岳、朝日岳、沢口山の登山口と

なるのでしょうか。

今回は、①です。

ゲート地点。

Su3Su31

黄色のゲートがコースの始まりです。

工事車両以外通行できないようにゲートが設けられています。

基本、舗装(整備)された道です。

高低差は、ほとんど気にならない程度です。

ゲートより約400m地点。

Su4

猿並橋を望める絶景ポイントが登場します。

紅葉レポート:画像でおわかりのように紅葉度ほぼ0%です。

まだ時期相応でない。『え~、:D)| ̄|_ 』

ゲートより約700m地点。

Su5

天子トンネルが登場します。全長200mくらいでしょうか。

涼しいというより寒さを感じますので、

パーカー(厚めの上着)等は準備した方が良いかと思います。

ゲートより約1,200m地点。

Su6Su61

最終目的地は、尾崎坂展望台となります。

夢の吊り橋経由か飛龍橋経由かの分岐点が来ます。

吊り橋経由は、急な坂・階段が控えているので

自信のない方は、飛龍橋経由での旨の看板がありました。

(パートナーの略)の足取りが重くなりました。必死で階段を降りる。

ゲートより約1,350m地点。

Su7

右側を向くとチラチラとチンダル湖が見え隠れ。

言うほどの急な坂ではないような・・。。

ゲートより約1,480m地点。

Su8

Su9

夢の吊り橋の全景を捕える。

秘境感漂う絶景とご対面。エメラルドブルーな湖面。。

ゲートより約1,500m地点。

Su10

夢の吊り橋到着。

この先は、行かれる方のご自身の目で確かめてもらいたく

ここにて終了とします。

どんな紅葉な世界が待っているのでしょうか。

紅葉最終レポート:湖畔の紅葉度1%。

1週間後には、かなり状況が変わり紅葉度に加速がかかると

案内係りの方が言われていました。

ピークは、11月中旬ではないでしょうか。

『決まった


にほんブログ村

« 野天湯へGO! | トップページ | 寸又峡温泉 紅葉とハイキングと温泉(2) »

休日温泉静岡」カテゴリの記事

登山温泉・温泉トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寸又峡温泉 紅葉とハイキングと温泉(1):

« 野天湯へGO! | トップページ | 寸又峡温泉 紅葉とハイキングと温泉(2) »

2023年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ