フォト

« 谷川温泉トレッキング 田中陽希さんに逢えたのか!? 最終速報 グレートトラバース第三集感想 | トップページ | Trans Japan Alps Race 2014 »

赤湯温泉 山口館 アクセスと駐車場

いち早く私の知り得た情報を記事にします。

赤湯温泉 山口館を最短コースで目指す場合の車のアクセス(順路)公開です。

下調べの時に、苗場プリンスホテルまで行けば、赤湯温泉へ通じる林道は容易く

見つかるだろう程度な気持ちで地図をよく確認しない上で、現地到着していました。

車のナビが調子が悪いこともあり、意外に林道に行き着くまで苦労してしまいました。

そこで、赤湯温泉へ車で行ける最奥までのアクセスを記事にしたいと考えました。

赤→が行き先を示します。

①苗場プリンスホテル交差点信号

Aku1_2

三国街道(国道17号)を法師温泉・水上温泉方向より走ってくると

苗場プリンスホテル前交差点の信号があります。

この交差点を150mくらいさらに進むます。

②三国街道より左折する地点

Aku2

『連続雨量180ミリになると通行止』の看板があるところを左折し、

三国街道に別れを告げます。

③最初に左折する地点

Aku3

三国街道に別れを告げてから、300mほど進んでくると、右側に4階建ての

コンクリートの建物があります。そこを最初に左折します。

④橋を渡ってからの右折地点。

Aku4

橋がすぐに見えてきますので、そのまま通過しすぐに右折します。

⑤しばらく直進です。

Aku5

スキーのオーバーブリッジが登場してくれば、正解を辿っています。

⑥1つ目の二股分岐地点

Aku6

アルファベットが踊る看板がある二股分岐の登場となります。

左側の道を進みます。

⑦2つ目の二股分岐(最後の分岐)

Aku7

しばらく進んでくると、さらに2つ目の二股分岐の登場です。

こちらも左側の道を進みます。画像では見えにくいですが、『赤湯温泉←』の

看板が中央の赤い『火の用心』の旗の横にあります。

未舗装エリアに突入です。

この先の道幅としては、ところどころ1車線状態のところもありますが、

待避場もあることから平均で言えば交互通行できない1.5車線といった

ところであります。慎重にかつ、ゆっくりと進めば問題ありません。

⑧ひたすら数キロ、直進あるのみです。

Aku8

ドキドキ感も最高な時に、うん車がある!?『小日橋』付近に到着です。

今(2014年8月現在)は、小日橋より少し先で崩落しているため、

小日橋までが車の乗り入れが可能となります。

⑨小日橋付近の駐車場の様子。

Aku9_2

左側奥が、比較的大きな駐車エリアとなっています。しかし、奥で工事を

行っているので、工事車両が通行できるように駐車するようです。

また、タクシーの反転スペース確保のため、小日橋前は、空けておくようです。

この時は、右手前が雨でぬかるんでいたため、人気薄となっていました。

左側に、縦列を含めて7~8台、右側手前は、縦列がない場合できっちりつめて

4~5台といったところでありました。

Aku10

Aku11

→赤が印象的な小日橋。。

さぁ~、歩いてしか行けない温泉がここから、始まるよぉ。。

エイエイオー!! 

つづく。。

グレートトラバースの田中陽希さん

(2014年8月5日現在体調不良でみなかみ町に停滞中)が数日後には、

この道の⑥あたりからは確実に徒歩またはランにて通過していくハズだよぉ。。

赤湯温泉の混浴露天風呂で、さっぱりしていけばいいのにね・。。。。。。。。。。。

関連記事:赤湯温泉 山口館へ温泉トレッキング ~7月三連休最終速報~


にほんブログ村


温泉 ブログランキングへ

« 谷川温泉トレッキング 田中陽希さんに逢えたのか!? 最終速報 グレートトラバース第三集感想 | トップページ | Trans Japan Alps Race 2014 »

登山温泉・温泉トレッキング」カテゴリの記事

休日温泉新潟」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤湯温泉 山口館 アクセスと駐車場:

« 谷川温泉トレッキング 田中陽希さんに逢えたのか!? 最終速報 グレートトラバース第三集感想 | トップページ | Trans Japan Alps Race 2014 »

2023年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ