フォト

« 韓国式バレンタイン | トップページ | 明洞 うどん事情 弾丸韓国旅行 その10 »

鍋割山荘 鍋焼きうどん

2015年2月13日に振休を使って、鍋割山へ向かった。

目的はこの寒い時期に『やっぱり、鍋割山荘の鍋焼きうどんを食べたい』である。

道中、雪上を歩けて雪山気分を多少でも味わうことができれば、なお良いなぁと・・。。

いつものごとく、最短コースで目指すこととした。

Na1

表丹沢県民の森駐車場をスタート地点とした。

9時すぎ到着で、平日のためか、この時期のためかわからないが2台の車しか

なかった。

さぁ、鍋割山に向け、出発です。エイエイオー。

Na2

最初は林道歩きとなり、穏やかなアプローチとなりますが、

自然美が徐々に増して、山に来ちゃった感が、どんどん押し寄せてきます。

沢を横切り、鍋割山荘へのボランティア・水ペットボトル歩荷地点を通過して

いきます。この日は、水歩荷はパスしてしまいました。

Na3

いよいよ、本格的な登りがはじまった。

後沢乗超までは、すんなりと到着し、稜線へ突入していくのであります。

Na4

大倉尾根ほどではありませんが、『あれ、こんなんだっけ?』と

我慢の登りが続いた。気づけば、富士山が多少の雲をまとってお出迎えで

ありました。期待していた雪の姿はなく待っていたのは、ところどころの雪解けに

伴うドロドロ状態でありました。

ちょっと気分がなえかけた時に、その時が訪れた。

Na5

コース外ではあったが、雪が残っていた。動物の足跡がちらほらとついていた。

Na6

あ~、太陽光パネルが見えた。。

駐車場を出て、2時間ちょっとで、鍋割山頂・鍋割山荘へ到着した。

丹沢エリアの稜線は、やっぱり歩き応えがあると思った。

そして、いよいよ、おまちかねのものと対面した。

Na7

鍋割山荘の鍋焼きうどん。。やっぱり、おいしかった。

この時は、外のベンチで食べることに・・。。。以前は、山荘内で食べた。

鍋焼きうどんは、基本ベンチに置いたまま・・。。

しゃがんで食べたり、ベンチに座って食べたり・・。。

高さの関係で、食べずらかった。。山荘内で食べるのがベストかもと思った。

Na8

目的を果たすことができて満足であった。

小丸尾根への周回や塔ノ岳への展開も考えたが、週末へ向けての体力温存のため、

ピストンでこの時は、帰って行くことにした。

あぁ、楽しかった。。

関連記事:

鍋割山 温泉トレッキングその2

コースや鍋焼きうどんの注文方法等参照にしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへ

« 韓国式バレンタイン | トップページ | 明洞 うどん事情 弾丸韓国旅行 その10 »

登山温泉・温泉トレッキング」カテゴリの記事

おすすめグルメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437093/58940439

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋割山荘 鍋焼きうどん:

« 韓国式バレンタイン | トップページ | 明洞 うどん事情 弾丸韓国旅行 その10 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ