フォト

« 乳頭温泉郷 妙乃湯 | トップページ | 田中陽希さんからのお願い »

イッテQ!登山部 次なる挑戦!!2015年春

録画していた番組を見ていると、中島みゆきさんの「荒野より」を

口ずさみたくなる状況に陥った。

5月31日放送分の「イッテQ!」における登山部の今後の動向についてであった。

昨年4月、エベレスト史上最悪と言われる雪崩事故が発生し、登頂を断念する

決断で番組は終わっていた(停滞していた)。

5月31日の放送より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨年4月 ネパール メラピーク峰 標高6,400mにて、

エベレストに向け準備を進めていた。

エベレスト史上最悪と言われる雪崩事故が発生した。

登頂断念という決断が下された。 

その時の当ブログの記事は(文中の最後に) → こちら

あれから1年

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

2015年4月25日

ネパール大地震

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月26日に番組では1つの結論に至っていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2015年3月26日 打ち合わせでの内容

イッテQ!登山部の新たな展望

~エベレストへのリベンジ!?~

結論から言うと今年はやめよう・・・・やめる!?

イモトさん 「フ~」ホットした感じです・・。。。

理由はいくつかあって、

大きな問題としては、

①ベースキャンプからキャンプ1の中間地点くらいにある

アイスフォールのルートがまだ確定していないこと。

雪崩事故が発生したもっとも危険な場所 = アイスフォールである。

1年で、ここがどのような状況になっているかは言ってみないと分からず

そもそもルートが作れるかも未知数であること。

②今年は行く隊が増える。昨年行けなかった人が何百人といる。

登山者が増えれば避けられないのが渋滞問題であること。

ルート上に登山者が殺到、標高8,000m、平均気温-40℃における渋滞は

大きなリスクとなること。

そこで、イッテQ!登山部は、今年エベレストには登りません

しかし、登山部としての活動は行う。

トレーニングが無駄にならないように

2015年春 第6の山に挑むは、 

北米大陸最高峰 マッキンリー

である。

アメリカ・アラスカ州にそびえる 標高6,168mの名峰

セブンサミットの一角をなす名峰

標高は、6,000m級だが、マッキンリーは過酷な山

我が国を代表する冒険家 植村直己さんは、厳冬期単独登山で消息を絶った。

エベレストより寒さと風はスゴい。天候が荒れれば頂上付近では-50℃以下

風速80m/sの猛烈な風が吹き荒れる。

世界の山の中でも1番大変かなと思うのは、「クレバス」である。

今までの登山とは決定的に違う点がある。

それは、シェルパさんとかポーターさんがいないこと。

大きなリュックを背負いソリを引きながら登るのがマッキンリースタイルである。

マッキンリーは登山の原点。全部自分でやります的なガチな登山。

そこには、きっと面白さがある。

マッキンリー登頂プロジェクト 出発は6月です。

新たな挑戦が始まった。

イッテQ!登山部過去の歩み

2009年5月  アフリカ大陸最高峰 キリマンジャロ

2010年8月  アルプス山脈最高峰 モンブラン

2012年1月  南米大陸最高峰 アコンカグア

2012年9月  アルプスの角 マッターホルン

2013年10月 ヒマラヤ山脈8,000m峰 マナスル

※文中の言葉、番組内テロップよりほぼ引用しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最強の布陣による状況判断が純粋にすごいと思った。

今年のエベレストを回避した理由に、うなるものがあった。

危険回避と番組演出とすべてを兼ね備えた判断なのでは・。。

イモトさんの登頂シーンを期待すると同時に、安定感ある

角谷道弘さんのリード具合であったり・・。布陣の中に

中島健朗さんは同行するのか、可能性としてはかなり低い思われ

るが平出和也さんが同行しての山頂でのドローン撮影であったりと

イモトさんを取り巻く日本登山隊の豪華最強布陣がどうなるのか

楽しみであります。

イモトさん、結果を気にせずファイト!!

そして、命あっての挑戦でなければいけませんよぉ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへ

« 乳頭温泉郷 妙乃湯 | トップページ | 田中陽希さんからのお願い »

登山・温泉・韓国番組」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437093/60219191

この記事へのトラックバック一覧です: イッテQ!登山部 次なる挑戦!!2015年春:

« 乳頭温泉郷 妙乃湯 | トップページ | 田中陽希さんからのお願い »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ