フォト

« 竹内洋岳さんクレイジージャーニーに登場!! | トップページ | 八ヶ岳 最高峰 赤岳への挑戦 »

グレトラ2の停滞を検証

2015年8月28日現在、本沢温泉にて、5日目の停滞となってしまった。

29日は、八ヶ岳(硫黄岳)の天候予報は、雨模様であります。

御座山への再開はあるのでしょうか。

逢いたい方にとっては、絶好のチャンスが到来している

ところでしょうか。停滞ならば、本沢温泉で捕まえることができ、

再開ならば、御座山へ向かう道中で捕まえることができるのではないでしょうか。

本沢温泉より、松原湖をまずは目指すのでしょうか。

①しらびそ小屋経由で稲子湯を通過していく、

②本沢温泉入口経由で稲子登山口を通過していく、

はたまたまったく違ったコース取りをするのか

28日に仕事をしながらも、行く気になって1日中イメージを膨らませていました。

ではでは、本沢温泉で5日間(28日現在)の停滞となってしまったことを検証して

みたいと思います。

停滞の引き金となってしまった理由が、公式サイトの日記にありました。

タイトル「ペースを落とせない理由』の中にありました。

内容を要約すると、グレトラ2最大の山場となるであろう初冬のアルプスを控えている

ので、ペースを落とせないとのこと。グレトラ1の利尻岳が雪に閉ざされる前にフィニッ

シュ的な期限が、10月初旬の北アルプスにあるとのこと。

疲労が溜まり、思うように歩けない状態であろうとも歩みを止められなかった。

そんな矢先、天狗岳へ向かい、下山時に捻挫してしまい停滞が始まり、複数日数

の休養をしていなかったこともあり、前向きに考えつつ回復を待ていたが、多少の

痛みが残っていて、不安がぬぐえないため再開できず停滞が長引いてしまった模様

であります。

私が、マラソンの本質を知っているかというとそうではありませんが・・。。

現代マラソンって、5キロのラップタイムを同じように刻んでいく走り方が理想だった

ような・・。。

私が小学生のころ約30年前テレビで見たマラソンで、ヨーイドン!!といった

直後に後先考えずに全力疾走をかけリードを広げ、前半戦は世界新記録を

遥かに上回るペースで走り、その後は貯金を生かしつつ、最後はクタクタ状態で

かろうじて1位でフィニッシュする日本のトップランナーがいました。

「ペースを落とせない理由」は、まるでマラソンでいう後者と同じようなことを

しているような気がしてなりません。

結果のみでいうのは、良くありませんが、『結果』、5日間以上の停滞となってし

まっています。私のような素人が挑戦しているのではありません。

『プロのアドベンチャーレーサー』が挑戦しているのではないでしょうか。

挑戦に関する計画(ペースやスケジュール管理や休息日)は、挑戦者が決める

ことであり、応援者にはまったく関係なく、自分自身をしっかりと持っていれば良い

と思った。

トランスジャパンアルプスレースに前々回出場したミスターボーダーラインこと

宮崎崇徳選手の挑戦中の徹底した管理を見習うべきであると思った。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへ

« 竹内洋岳さんクレイジージャーニーに登場!! | トップページ | 八ヶ岳 最高峰 赤岳への挑戦 »

登山・温泉・韓国番組」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437093/61369328

この記事へのトラックバック一覧です: グレトラ2の停滞を検証:

« 竹内洋岳さんクレイジージャーニーに登場!! | トップページ | 八ヶ岳 最高峰 赤岳への挑戦 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ