フォト

« 温泉マーク 存続の方向性 | トップページ | 女子大生登山家の影響でユニクラー増殖か »

南アルプスライチョウサポーター

日本人最年少でのエベレスト登頂、七大陸最高峰登頂を達成した

現役女子大学生の著書が完成し発売された模様ですね。

そんな情報を掲載してくれたヤマケイオンラインニュース繋がりで

知った「登山者のアイドル〈ライチョウ〉を守ろう!」なる記事を

見て申し込みをしました。

申し込んだものとは、「ライチョウサポーター養成講座」であります。

静岡市、川根本町を含む南アルプスユネスコエコパーク構成10市町村では、

ライチョウの生息状況を登山者等と継続的に調査する仕組みを構築していく

ために、2016年6月から「南アルプスライチョウサポーター制度」を創設している。

12月3日(土)に静岡市内で追加開催されることを知り参加してきました。

Rai1

ライチョウさんのお出迎えでありました。

静岡大学教授と静岡ライチョウ研究会会長が講義をしてくれました。

ライチョウに関して、事細かに説明してくれました。

一番興味をもったところは、識別のところでありました。

Rai2

そのくだりの時に、殴り書きしたメモであります。

講義を聞き、識別できるようになった思います。

今回は、40人定員のところ、約60人ほどの静岡県内外から

参加者が集まり、大盛況でありました。

実際に講義を受けてみて、サポーターというのを抜きにしても

山勉強の1つとして、非常に面白く、時間があっという間に過ぎました。

3時間近く、がっつりとライチョウと向き合いました。

そして晴れて、

Rai3

南アルプスライチョウサポーターとなりました。(画像は一部編集あり)

このサポーターは、山へ行った際に、もしライチョウと出会ったならば、

写真をとり、場所等を報告することが主な活動となります。

翌日、

Rai4

地元新聞・静岡新聞に取り上げられていました。

長野県・富山県の北アルプスライチョウサポーターとの連携を模索している

とのことでありました。

ライチョウサポーターに関する開催の情報は、ヤマケイオンラインにて

取り上げてもらえれば、参加者が増えると思います。

参加して良かったと思いました。

まだ、実際の山ではライチョウに出会ったことのない

南アルプスライチョウサポーターのたけぞうでした。

チャンチャン。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへ

« 温泉マーク 存続の方向性 | トップページ | 女子大生登山家の影響でユニクラー増殖か »

はまったもの」カテゴリの記事

たけぞう関連」カテゴリの記事

日本百名山/二百名山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437093/68748148

この記事へのトラックバック一覧です: 南アルプスライチョウサポーター:

« 温泉マーク 存続の方向性 | トップページ | 女子大生登山家の影響でユニクラー増殖か »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ