フォト

« 富士山と川苔山 | トップページ | 泊まって良かった山小屋 »

天空の湿原へ

10日(土)に田中陽希さんは、4月に発売された新しいサポートタイツ

「エレメントエアタイツ」を着ていく『C3fitアスリート 田中陽希と行く、

トレッキングツアー in 赤城山』を実施したようですね。参加者からは、

タイツの使用感で好評の評価をいただけたようで何よりであります。

地元低山での山トレでは、最近の気温上昇に伴いタイツを着用せず

短パンスタイルとしています。汗の量が半端なく出るようになりましたね。

水分補給をこまめにして、熱中症対策を忘れずにしないといけませんね。

ヤマケイオンラインニュースで紹介されていた『天上の湿原』を

拾い上げてみました。

『湿原』とは、湿った地面に広がる草原地帯のことだ。尾瀬などが代表例で、

日本各地さまざまな場所に湿原は広がっている。

①本州最大、湿原の代名詞といえば尾瀬

東西6km、幅2kmにも及ぶ本州最大級。

②登山口からすぐに幻想の湿原へ月山・弥陀ヶ原

月山の北側八合目に台地状に広がる湿原。

展望良さで、まさに天空の楽園となる。

③日帰りで手頃な湿原歩き&登山を楽しめる籾糠山・天生湿原

「飛騨の匠の伝説」によって生まれたとされる、天生県立自然公園として

整備されている。

④福井県唯一の高層湿原の山・赤兎山

石川県と福井県の県境に、愛らしい名前と山容を持つ赤兎山。

この山頂付近には、赤兎平と呼ばれる高層湿原が広がる。

⑤日本一の高所にある高層湿原、鬼怒沼湿原

日本一の高所にある湿原と言われる鬼怒沼湿原だ。

点在する奥鬼怒温泉郷で、登山と併せて楽しみたい。

⑥四国の尾瀬」とも称される、四国最大の高層湿原・黒沢湿原

高層湿原は、寒く標高の高い場所に広がるが、暖かい四国にも大きな湿原がある。

⑦お花畑、湖沼、湿原、草原・・・魅力が凝縮されている焼石岳

岩手県と秋田県の県境の南部に位置する焼石岳は、標高こそ1600mに

満たないものの、さまざまな自然が凝縮されている。

⑧大湿原が広がる雲上の楽園の山、大白森

秋田県と岩手県の県境、十和田八幡平国立公園(八幡平地域)は、

八幡平を筆頭に多くの湿原が点在している。

⑨長い林道歩きの先に、ひっそりと広がる小松原湿原

初夏の湿原は美しく、多くの人が訪れる場所だが、静かにひっそりとした

湿原を楽しみたいなら小松原湿原はおすすめだ。

※ヤマケイオンラインニュースより、抜粋。

湿原歩きをしたことがありませんので、この夏はどこかへ行って

みたいです。

チャンチャン。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへ

« 富士山と川苔山 | トップページ | 泊まって良かった山小屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437093/70830163

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の湿原へ:

« 富士山と川苔山 | トップページ | 泊まって良かった山小屋 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ