フォト

« イッテQ登山への前哨戦「陸海空」の挑戦 | トップページ | フリからの本編 丹沢他 にっぽんトレッキング/TJAR2018要項 »

大菩薩嶺へ行ってきた

6月16日(金)の平日ぼっち登山で、大菩薩嶺へ行ってきました。

熊だと思ったら、鹿だった的な記事のあの時です。

唐松尾根ルートを登る超お手軽ルートであります。

雷岩を目指して、ガツガツと登って行きました。

樹林帯を抜けたところで、富士山が見えていましたが、

雲が・・、、さらにスピードを上げました。

雷岩に到着し、大菩薩嶺へすぐに向かった。

Bo1

ぼっち登山は、写真を一枚撮るのに周りに人がいないと時間が

かかってしまいますね。

Bo2

携帯の位置と立ち位置と富士山のバランスがなかなか合いませんでした。

そうこうしている富士山は、雲の中へ・・、、、、、、

Bo3

稜線美は、たまらないものがありましたね。

あぁ、がっつりとした三脚がほしいと思いながら、

携帯の置き場所で格闘しつつ撮りました。

Bosatu1

撮影に時間がかかり、同じルートの人に次々と抜かれて、

稜線上に同じルートを進む人がいない状態となっていました。

なんで、そんなに「ぼっち登山」であるにも関わらず、撮影に時間を

かけるのでしょうか!?

はい、お察しの通りインスタのためでありました。

過去画像を探せば、大菩薩嶺はありますが、そこはより現実に近いリアルな

画像を投稿したいという思いであります。インスタのコツの1つとして、

季節感を合わせた投稿をしていくものと私は考えています。

インスタで過去PICを投稿する場合は、特にそのところをよく注意します。

ブログと違って、流れる時間の早さが違うからです。

ブログでも同じことが言えるかもしれませんね。

自己満足の世界で正式なルールはありませんので、すべて表現者の

センスとなります。

チャンチャン。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへ

« イッテQ登山への前哨戦「陸海空」の挑戦 | トップページ | フリからの本編 丹沢他 にっぽんトレッキング/TJAR2018要項 »

登山温泉・温泉トレッキング」カテゴリの記事

日本百名山/二百名山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437093/70963828

この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩嶺へ行ってきた:

« イッテQ登山への前哨戦「陸海空」の挑戦 | トップページ | フリからの本編 丹沢他 にっぽんトレッキング/TJAR2018要項 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ