フォト

« 屋久島 宮ノ浦岳 地図にも載っていない!? | トップページ | 田中陽希さん 真似してはいけない登山スタイル »

山岳遭難の切り札となり得るか「ココヘリ」

7月の三連休最終日に山岳遭難が相次いでしまったようですね。

楽しいハズが、瞬時にして取り返しのつかないことが起こって

しまう危険性があるのも『山』なんですね。

どんな状況であれ、山では常に『臆病であろう』と思いました。

心からご冥福をお祈りいたします。

山岳遭難の対策として、気になる記事(商品)を目にしましたのでお知らせします。

―――――――――――――――――――――――――

『登山者のための安全・安心のための新たな三種の神器』!?

「登山計画」、「山岳保険」、そして「ココヘリ」だそうです。

「ココヘリ」!?

「早く探し出す」に特化した仕組みが、会員制捜索ヘリサービス「ココヘリ」

入会金・年会費を支払って登録するようです。

会員になると、会員個人の識別番号をもった電波発信機「ヒトココ」が会員証

として提供されるそうです。

「ヒトココ」は、スイッチを入れると、数キロメートル届く電波を発信し続けます。

また「ヒトココ」は1回の充電で約3ヶ月間、電波を発信し続けます。

万が一、会員が山で遭難し、行方不明になった場合、留守宅からの連絡

受けて、その山域に提携の捜索ヘリが飛び(※)、会員の識別番号と合致した

電波をキャッチして、行方不明者の位置を早く正確に特定し、その位置情報を

救助組織に引き継ぎます。 ※捜索ヘリは1事案につき3回まで無料

――――――――――――――――――――――――――

本人からの救助要請ではなく家族やそれに代わる人が、

本人が予定通りに帰ってこないとか、本人が不明になったと知った時に、

連絡を入れると、電波発信機の電波をもとにヘリで探しだしてくれ

救助組織に引き継いでくれるシステムと理解しました。

なんとなく、ソロ登山時には、安心としての1つの要素となりそうですね。

もう少し検討を重ねたいと思います。

「ココヘリ」に関して、詳細に興味のある方は、「ココヘリ」公式サイトや

ヤマケイオンラインに記載されていますので、そちらをご覧ください。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへ

« 屋久島 宮ノ浦岳 地図にも載っていない!? | トップページ | 田中陽希さん 真似してはいけない登山スタイル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437093/71175909

この記事へのトラックバック一覧です: 山岳遭難の切り札となり得るか「ココヘリ」:

« 屋久島 宮ノ浦岳 地図にも載っていない!? | トップページ | 田中陽希さん 真似してはいけない登山スタイル »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ