フォト

« イモトさんへ謝罪(イッテQ登山部) | トップページ | 夏山の登山必需品グッズ »

遭難しないコツ

三重県内の山で遭難(道迷い)された方の話題で、ネット上がざわついていましたね。

私がそのざわつきに気づいた時には、原文なるものが削除されてしまった後のようで

詳細ニュアンス等がわからないので、この件について、語りたい気持ちは多々

ありますがやめておきます。

そこで、私が思う山初心者が遭難(道迷い)しないコツを書きたいと思います。

ずばり、「難易度の低い人気のある山へ行け」であります。

山シーズンで、平日ではなく土・日・祝日そして、青空のある日であります。

難易度の低い人気のある山は、前にも後ろにも人がいる状況となります。

ほとんどの方が、その目的のピークに到達すると引き返したり、周回コースが

あれば、そのコースに進んでいきます。縦走できるコースがあった場合でも、

1割ぐらいの方しかきっと行きません。

例:ロープウェイからの木曽駒ケ岳、ロープウェイからの西穂高岳独標、大菩薩嶺

確実に事前にすることは、登山計画を立てること。予習することであります。

初心者単独(同士)の場合は、日帰りの場合:山頂や目的地までのコースタイムが

3時間を超えないコースをまずは選ぶと良い。無理をしないこと。

※経験者が帯同する場合は、その方の判断となります。

地図やコンパスを持っていても、いざとなった場合には、対処不能であると思います。

そこで、「難易度の低い人気のある山へ行け」であります。

チャンチャン。で〆ようと思っていましたが、

書いている内に、

山初心者が遭難(道迷い)しないコツは、

ずばり、「まずは山に慣れるまで、山経験者に同行してもらう」方が、

どんな場合でも危険リスクが低くなるように思えました。

何事も、一歩を踏み出さない限り、何も始まらないのも事実でありますので、

挑戦しようとした気持ちを大切にするために、安全第一であってほしいと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへ

« イモトさんへ謝罪(イッテQ登山部) | トップページ | 夏山の登山必需品グッズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437093/71559336

この記事へのトラックバック一覧です: 遭難しないコツ:

« イモトさんへ謝罪(イッテQ登山部) | トップページ | 夏山の登山必需品グッズ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ