フォト

休日温泉東北

乳頭温泉郷 妙乃湯

秘湯温泉でありながら、極上の非日常空間と共に温泉な時間を堪能できる。

妙乃湯の代名詞源泉である「金の湯」と「銀の湯」をそれぞれ楽しめる

混浴露天風呂に浸かったのなら、「温泉って、楽しい」と思えること間違い

ない。

続きを読む "乳頭温泉郷 妙乃湯" »

小野川温泉 尼湯

道の真ん中に突如出現で、発見!!外観からすぐに湯小屋とわかる。

小野川温泉街にある共同浴場『尼湯』である。

続きを読む "小野川温泉 尼湯" »

新野地温泉 相模屋旅館

白い噴気がモクモクと吹き上がっている傍らで露天風呂を楽しむ。

まさに天然温泉そのまま状態での入湯となる。

なんとも贅沢な温泉な時間となる。

続きを読む "新野地温泉 相模屋旅館" »

飯坂温泉 天王寺穴原湯

「これは、参った。どうにもならない。。」

熱さの圧倒感が半端なかった。

名前もなんだか興味深いぞぉ。

天王寺湯と穴原湯があわさって、ひとつになったらしい。。

続きを読む "飯坂温泉 天王寺穴原湯" »

(肘折温泉) 石抱温泉

プクプクと泡が上がっている。これが、炭酸泉なんだ。

それゆえに、体が浮かないように石を抱いて入湯することから、

その名がついたとのこと。

続きを読む "(肘折温泉) 石抱温泉" »

肘折温泉 上の湯

「肘折温泉」私にとっては、「遠かった」というイメージが今でもある。

とある温泉遠征の最終日に、肘折温泉周辺にいた。

湯めぐりでクタクタになった状態で、そこから一気に静岡県まで車を走らせた。

それ以来、遠征のスタイルを変えるきっかけになった。

続きを読む "肘折温泉 上の湯" »

古遠部温泉

「トド寝したいよね。」

ここを訪れて以来、温泉の浴場であったり、サウナの水風呂で、

浴槽より勢いよくオーバーフローしているシーンを見ると「トド寝、やりたい」

という衝動にかられるようになった。

「トド寝」とは、浴槽からでて、床に寝そべりオーバーフローしている温泉を

楽しむ古遠部独特の入湯スタイルである。

続きを読む "古遠部温泉" »

姥湯温泉 枡形屋

『これは、すげぇや!!』

自家用車でのアプローチで何度となく心折れそうになったと記憶している。

その先に温泉が待っていなければ、とっくに引き返していたことだろう。

でも、その苦労をいとも簡単に吹き飛ばしてくれた大満足な温泉時間が

待っていた。

続きを読む "姥湯温泉 枡形屋" »

銀山温泉 しろがね湯

『なんなんだ!!こんな贅沢な共同浴場があったとは!!』

そこには、現代アートで楽しめる温泉な時間が待っていた。

続きを読む "銀山温泉 しろがね湯" »

高湯温泉 旅館玉子湯

『なんなんだ!創業140年余もありのままの姿とは!!』

そこには、昔も今も変わらなぬ極上空間がありました。

歴心を噛みしめながらの入湯とは、なんともおつなものですね。

続きを読む "高湯温泉 旅館玉子湯" »

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

予約

  • じゃらん
  • JTB
  • 近畿日本ツーリスト
  • るるぶトラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com
無料ブログはココログ